エクササイズ

タオルローイングのやり方は?たかがタオルが背中を襲う凶器に変身!

背中を鍛える方法は数あれど、いかんせん筋トレ器具を置くスペースも、買う余裕もない・・

 

でも背中を鍛えたい!
ダンナ・・・そんなあなたの望みを叶えるトレーニング方法がありますぜ・・・

 

その方法こそが・・・

 

タオルローイングです!

 

こんにちは!
今回紹介するメニューを中学生に教えてブーイングをもらった・・・赤鬼です!

 

「なんちゅうキッツイトレーニングさせるんですかぁ!💢」ですって。

 

・・・知らんがな!

 

さて、今回は筋トレ初心者や女性にオススメの背筋トレーニング・・タオルローイングのやり方について解説してみたいと思います。

 

僕自身もね、このトレーニングを初めてやる前は、顔にバターを塗りたくったところをベロベロに舐める犬くらいナメまくってたんですよ。

 

ですが、このトレーニングを終えた後、この考え方が大いに間違っていたと気付かされたのです。

 

そんなやり方次第では、とてもキッツイ!トレーニングの方法をこれからご覧いただきましょう。

 

それではいきましょう!

1. タオルローイングのやり方は?

まずはタオルローイングの大まかな流れを見ていきましょう。

タオルローイングのやり方
  1. 仰向けに寝転んで両手両足を伸ばします。
  2. タオルの両端を掴んで、胸を張ってミゾオチのあたりに引き寄せます。
  3. タオルを引き寄せたら肩甲骨を締めて広背筋に刺激を与えます。
  4. 肩甲骨を寄せたら手を伸ばして元の状態に戻って行きます。
  5. 後はこの動作の繰り返し。10回×3セットを目安に行ってください。

呼吸方法はタオルを引き寄せる時に息を吐き、腕を伸ばす時に息を吸います。

○タオルローイングで鍛えられる部位

広背筋

では詳細を見て行きましょう♪

まずは仰向けになって両手両足を伸ばし、タオルの端を両手で握ります。

そのままタオルを自分のミゾオチのあたりに引き寄せて行きましょう。

 

この時につま先を少し浮かせるようにしてみてください。

しっかりと引き寄せたら肩甲骨をギュッと内側に寄せます。

 

ここで思いっきり寄せると、広背筋に強い刺激を与える事が可能です。

上から見たらこんな感じです。

タオルを引き寄せきったら腕を伸ばして行き、元の状態に戻ります。

スタートポジションに戻ったら、後はこの動作の繰り返しです。

 

10回×3セットを目安に行ってみてください。

 

もしも刺激が弱いと感じるのであれば、回数を増やしても良いかもしれません。

呼吸方法はタオルを引き寄せた時に息を吐き・・・

タオルを元の状態に戻す時に息を吸います。

 

呼吸はめっちゃ大事なので常に意識するようにしてみてください。

 

頑張るために無呼吸でやる方がたまにいますが、酸欠になったりする危険性がなきにしもあらずなので注意しましょう。

 

タオルローイングのやり方がわかった次は、注意事項の解説に移ります。

2.  知らなきゃ腰痛の原因に!?タオルローイングの注意点!

どんなトレーニングにも注意事点があります。
それはタオルローイングも例外ではありません。

 

主に二つの項目があります。
それがこちらです。

  • タオルを引き寄せた時に肩をすくめない
  • タオルを引き寄せた時に腰を反らせすぎない(腰痛の原因になります)

画像でごらんください。

注意事項の1つ目は、タオルを引き寄せたときに肩をすくめないようにしてください。

 

肩をすくめることによって、僧帽筋に刺激が入ってしまいます。

 

タオルローイングの2つ目の注意事項は、タオルを引き寄せた時に腰を反らせすぎないようにしてください。

 

主に足を思いっきり上げてしまうと、腰が剃りすぎてしまう状況になってしまうので、足をそんなに上げないように意識してみてください。

 

腰を反らせすぎてしまうと腰痛の原因にもなるので充分注意をしてトレーニングに励みましょう。

 

僕も一回やってもた事があるのですが、まぁまぁ腰へのストレス半端なかったです・・・

3. タオルローイングのやり方まとめ

それでは今回のお題である「タオルローイング」のやり方をもう一度おさらいしましょう。

タオルローイングのやり方まとめ
  1. 仰向けに寝転んで両手両足を伸ばします。
  2. タオルの両端を掴んで、胸を張ってミゾオチのあたりに引き寄せます。
  3. タオルを引き寄せたら肩甲骨を締めて広背筋に刺激を与えます。
  4. 肩甲骨を寄せたら手を伸ばして元の状態に戻って行きます。
  5. 後はこの動作の繰り返し。10回×3セットを目安に行ってください。

呼吸方法はタオルを引き寄せる時に息を吐き、腕を伸ばす時に息を吸います。

タオルローイングで鍛えられる部位

広背筋

タオルローイング注意事項

  • タオルを引き寄せた時に肩をすくめない
  • タオルを引き寄せた時に腰を反らせすぎない(腰痛の原因になります)

いやぁー、最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

 

僕は高校時代に広背筋を鍛える自習トレーニングは、主にバックエクステンションと言うものでした。

 

ですが、体が刺激に慣れてしまったんでしょうね。
あまり効かなくなってきました。

 

ですから、このタオルローイングにレベルアップさせました。

 

その結果、バックエクステンションとはまた違った強い刺激が背中に入るようになったのです。

 

広背筋を鍛えることによって姿勢も良くなるので、猫背の改善にも役立ちます。

 

さぁ、あなたも今から脱衣場の棚からタオルを引っ張ってきて、タオルローイングに挑戦してみて下さい!

 

きっと、運動に慣れていない人は次の日は筋肉痛になることでしょう。

 

その時はプロテインもお忘れなく♪

 

それではまた別の記事でお会いしましょう